2012.11.28 人づきあい

一般に農業、というとどういうイメージでしょうか。

同じ作業を黙々と、一人または夫婦でする・・・ひたすら手を動かして・・・。

そいういった感じを私たちも持っていました。

しかしいざ始めてみると、一日のうちにも10時と3時のお茶があって、他の農園の方からお茶に呼ばれたり、
作業をしていても、誰かが畑を訪ねてきて、20分ほど立ち話、などごくごく普通で、意外とおしゃべりしているなあと思います。

仕事が終わっても、やれぶどう部会の会合だ、飲み会だとさまざまな形での交流があります。
実際、ぜんぜん黙々じゃないんです。
農家仲間がみな同じような場所で仕事しているため、農協や直売所でもしょっちゅう顔を合わせます。

奈良に住んで勤めているときは、街を歩いていて知り合いに会って話す、なんてことはなかったように思います。
(子供がいたらまた違ったと思いますが)

また、こういう農村地域というのもあるのでしょうか、地区の町内会、というのがしっかり活動しています。
先日の勤労感謝の日も「感謝祭」という催しがあって、役員の私たちは公民館で豚汁など作りました。

面倒だけど、こういうことで、地域ぐるみで子供に目をかけたり、文化などを守っていけるのかなあ、とも思います。(でも無駄は省いていきたい、と強く思うのも事実・・・)




↓ いつも町会の催しで食べ物にあまりがでると「ほら、川口さんとこ子供さん多いからもって帰り!」と言われます。感謝祭のこの日も豚汁が大量にあまり、家に鍋ごと持ち帰ることに・・・、
家の台所のコンロに置いてみたらやっぱりすごく大きい。・・・相撲部屋?

nabe_512.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR