2011.6.16 世話の賜物

巨峰の房作りをしています。実の長い部分を指でそぎ落としていく地道な作業。

今は1ミリぐらいのこの小さい小さい粒が、2~3センチにもなるというのはすごいと思います。

というか、何千房もあるぶどううを一つ一つさわって、形を整えて、世話していくって・・・。
なんと大変な作業。日本だけだと思います、こんなの。

世話をしなかったら巨峰やピオーネのようなああいういかにも「ぶどう」というぶどうは、できないのです。
(たぶん山ぶどうみたいな細かい粒のだらりと長いぶどうになるの、かな?)

りんごだってすべての実をチェックして摘果するし、その他にも、すいか、桃、梨なども聞けば皆、びっくりするほど手をかけています。
おいしい果物はすべて細かい世話の賜物。

今まで知らなかったことが多すぎます・・・。

111_512.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR