2015.6.12 雨よけハウス

数年前に建てた雨よけハウスも、かなりぶどうが育ってきています。

雨よけハウスというのは文字通り、雨をよける屋根がついた農園です。
水をあげたいときは灌水システムをつかって水やりをします。

ハウスのようにビニールでおおわれているわけではないので、加温できたり、暖かくはできませんが、ぶどうの病気の大敵である雨を防ぐことができます。それだけで、かなり生育や作業に違いがでるようです。

一から作ったハウス。家で言えば新築。
誰かの畑を借りているのと違って、自分の思い通りにできるし、なんといってもきれいです。

ここに植えているのは主に黄華というマスカットに似た高級ブドウです。

植えはじめてすぐはまだまだ良いのはできにくいものですが、5年たった今年はそろそろ?!
期待してます!(←ぶどうに言っている)


↓雨よけハウス。ぶどうがきちんと並んでいる景色は美しいです。
これから葉っぱが茂って涼しい日蔭になります。ぶどう栽培はそれがいいところ。
amayoke_512.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR