2015.4.3 木を燃やす

片付けた枝を集めてどんどん燃やしていきます。

雨よけのぶどう畑の隅っこに穴を掘って、そこで燃やしています。
果樹農家としてはごく普通の作業。
でもこれがなかなか楽しいのです。

燃え尽きたように見えても棒でかき回すと空気が入って残り火が燃え出します。
そこへ枝をくべる、火が枝に燃え移る・・・。
炎は見ていて飽きることがありません。

小さい頃にやってみたかった火遊びが思いのままにできる!みたいな感覚が少しあります。
だって木に火をつけて燃やすなんていうのはもはや普通の生活ではないでしょう?

今どきは、家もガスコンロだし、暖房もエアコン。オール電化の家で生まれた子供なんて日常で火を見ることがないのでは?

だからでしょうか。火をつけるのはなんだかワクワク。
サバイバル、みたいな(単純・・・)。
ずーっと炎を見つめていたい。

でも枝集めもしないと。

燃やす枝はまだまだたくさん!

ここが燃やす場所。
常念岳も見えてこういう日は本当に気持ちがいいです!
eda__512.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR