2012.10.26 葉摘み

ぶどうがほぼ終わって、現在はりんご園で葉摘み作業。

葉っぱで影になって日が当たらない部分があるので、葉を取り除いていきます。
りんごひとつひとつ。すべては、赤いりんごにするためです。
いつものことながら、ああ、なんて手をかけるんだろう。。。

真っ赤じゃなくてもいいのに、と思いつつ、もし自分も消費者としてりんごを買うとなると赤いのを選ぶと思います。
葉っぱが多く重なっているところのりんごはまるで白桃のよう。これはさすがにいけない・・・。
ちなみに味は変りません。
夫が言うにはむしろ、光合成できなくなるからりんごにとってはよくない、と。
だから、うちは収穫直前のぎりぎりでやっております。(決して作業が間に合わない言い訳では・・・ない、はず)

やっぱりりんごは赤くないといけないようです。




こんなふうに葉っぱがわさわさなのを、葉摘みします。
hatumi1_512.jpg

するとこうなる。葉っぱのあとがくっきり。この部分も赤くなあれ、というわけです。
hatumi2_512.jpg

黙々と。地味~な作業。
hatumi3_512.jpg


新米できております!
スポンサーサイト

2012.10.14 地区の運動会

日曜日、私たちの住む地区の運動会がありました。

こちらに越してきた年は、「地区の運動会があるのか、ふーん」と思い、特に参加する気もなく当日を迎えていましたが、当日の昼過ぎに外に出たところ、運動会の解散の時間だったようで、大勢の人たちが歩いて家路についていました。
驚いたのはその人数と、その半数がジャージ姿だったということです。
すごいやる気!どうやらこれは参加しないといけないようだ、と思い、翌年からは少なくとも自分の出番には行く、という感じで参加してきました。(事前に出場種目が決められている)

そして今年は役員のため、いろいろと当番の用事があり、夫は忙しそうでした。
私はメートル法という、チームで順番に数メートル先の一升瓶に色水をいれて満杯にする、という競技に参加することになっていました。簡単な競技だけど、やるとなると結構チーム一丸となって頑張ってしまうものです(笑)。

そしてそれだけでなく、急きょ、最後の種目、総合リレーになぜか20代代表として出場することになり、これがドキドキでした。(38歳なのに20代、、、。うまく走れるのだろうか。。。。)
久々にリレー前の緊張というのを体験しました。運動会最後の種目だけに、だんだん高くなってくる観客の注目度・・・。
(順位をキープすること、そして絶対こけてはいけない、バトンを落してもいけない)
と考え、とりあえずその最低限の目標は達成できました。

しかし、走り出したとき、なんというか、体に一体感がなく、足と上半身が別なような、気持ちに体が追いついていかない感覚を覚えました。全力で走りながら老化を実感(笑)。しかも20代はグラウンド一周(200M?)という結構過酷なものだったので、かなり必死でした。
でも家族の声援は聞こえて、それがすごく嬉しく思いました。
チームは3位になり、一安心。

久しぶりに全力で走ったりすると、なんだか体を鍛えたい気分になりました。(単純!)



長女が参加、風船割り。
fusen_512.jpg

息子と末娘はりんご拾い
ringohiroi_512.jpg

2012.10.14 そして、脱穀

稲刈りのあとは脱穀です。
この機械も借り物。

だって使うのは一年にたった一回。おいそれとは買えませんよねえ。
でも借りるのも色々大変だから、今後どうするか、また考えないと。

昨年も思いましたが、お米ってこういう手順でお米になっていくんだなあ・・・。
こんなに身近なお米のことなのに、普通に暮らしてたら知りませんよね。

(今年は土曜日だったので、私は手伝えませんでしたが。)

子供たちにもせめてお米ができるまでの一連の流れを学校の課外授業など実地で見せてあげるといいと思うのですが・・・。

dakkoku_512.jpg

2012.10.10 稲刈り

土曜日は田んぼの稲刈りでした。

昨年同様、刈り取って、はぜかけ作業。

私はもっぱら刈り取った稲束をはぜ木の近くまで運ぶ仕事でした。

それにしても、バインダーという刈り取りの機械は本当にすごいです。
稲を刈り取っていき、一定の太さになると、ひもで自動的に稲束を結んでくれます。
これを手作業ですることを想像すると、恐ろしい・・・。
またも昔の人はえらかったなあ、と思い、そして文明の利器に感心するのです。
(お米に関する機械はもっとすごいのがあります。もちろん価格もすごい。バインダーは序の口です。)

田んぼは2枚(二反分)あります。はじめの一枚は、秋晴れの下の収穫、ああ、豊かだなあ、といい気分なのですが、2枚目のたんぼに入る頃になると、もう疲れてきて無言。
夕暮れが近づき、ぐっと気温も下がってくると(今日、終わるのか?)と不安になってきます。

朝からはじめて、5時半頃ようやく終わりました。

しばらく天日干しのあと、脱穀、精米となります。

どんどんかけていきます。
kome1_512.jpg

これが文明の利器、バインダー。
kome2_512.jpg

カメラ意識しすぎ。
kome3_512.jpg

なかなかよさそうです。
kome4_512.jpg
プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR