2012.7.16 庭

小さい頃から団地やマンションに住んできました。

そういうのもあってか、いつの頃からか、一度は「地面の上に住みたい」=(一戸建て)と思うようになりました。
そして今、念願の地面の上に住んでいます。

古い家で、冬寒くて間取りが不便などの問題もあるのですが、なんていうんだろう、この落ち着き。
言葉では説明できない心地よさがあります。

庭に対しては特に希望はなかったのですが、今借りている家にはとても広い庭があります。
先日、庭にあった梅の木や大きい植え込みなど家主さんが切ってくださり、さらに広々となりました。
広い庭というと雑草、草木の剪定(現在は家主さんが・・・)など大変なことも多いですが、やっぱり広い空間、うれしいです。

庭があると子供たちのプールなどはもちろん、ちょっと大きめのシートをたたむなどの作業や、バーベキュー、あとテントを広げてみたり、大きいものを洗ったり、本当に色々できてとても使えるのです。知らなかったなあ。

プライベートな空間であることが大事なので、「他人からあまり見えない」ということがポイントですが、わりと奥まった場所にあり、塀があるのでその点もバッチリです。

あとは、家、です・・・。住みよいといえども、古い間取りだけはどうしても不便なので、使いにくいところはリフォームなどしていきたいのですがね。ちょっとずつでも直して、住みやすくしていきたいものです。
そのためには、色々頑張らないといけないことがありそう・・・。


(息子が小学生になるまでには!)


暑い日はプール、奥には砂場(カニ)と豪快に使わせていただいています。子供にはちょっと石が多くて危険なんですが・・・(末っ子は昼寝中。ああ、平和)
niwa_512.jpg
スポンサーサイト

2012.7.5 定点観測

農業は、一つの作物を収穫するまで、管理して育てて、とにかくずーっと見ていくものです。

いわば、定点観測。

今年ぐらいから少しずつですが、継続して見れるようになってきたような気がします。
(子供たちがあまり休まずに保育園に行ってくれるから。)
ほんとに、ちょっとですがね。。。

今までは、ちょこちょこ手伝えても、なかなか続けて畑に出ることができなかったので、どうしてもその場だけの作業、という感しになっていました。
そういう状態ではどうしても、作物が少しずつ生長していくさまというのはわからないもので、畑に行くたびに、それぞれ別のものを見ているようでした。

今年は少しはつながって見えるようにしたいものです。

(とか言ってたら、また子供たち休むんでしょうね・・・。とびひ、とかさ。)



ハウスのピオーネです。形にはなってきましたが、まだ、固そう。。。

pi_512.jpg
プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR