FC2ブログ

2012.1.20 NEW 軽トラック

ついに軽トラックを買い替えました!

前のは中古で買った17万の軽トラ。最近は寒さでエンジンが止まることもあって・・・。

だから買い換えた、というのではなく、そもそものきっかけは、スバルの「サンバー」という軽トラック(の現在の型)が生産終了になる、と聞いたことからでした。

「生産終了にともない、注文が殺到する恐れがあります。」という農協に貼ってあったポスターをみて「なぜ生産終了の車に注文?」と、疑問に思ったのですが、軽トラの中では、性能がよくて人気の車だったようで、どうやら採算があわないことが終了の理由の一つのようでした。

メンテナンスは今後も対応されるということだったので、実際、これを機にサンバーに買い換える人もちらほらいて、どうせ近い将来、買い換えるなら、今買おうか!ということになったわけです。

買い換えるにあたって私からのお願いがひとつありました。

それは、

「オートマチックにしてほしい」ということでした。

軽トラックといえばミッションが普通。しかし私は恥ずかしながら「オートマ限定」の免許しかもっていません。もちろんミッションの免許を取りにいく、という選択肢もあったのですが、それだと結局乗らなくなってしまうような気がして、オートマをお願いしたわけです。

オートマチックへの変更は+10万。
それでも車に乗れる人なら誰でも動かせるというのは値打ちがあると思っています。(駐車場で邪魔な時とか)

稼いだお金で買いました!と言いたいところですが、結局貯金を集めて集めて・・・。

でも、農家の足、活躍してくれてます!

keitrack_512.jpg

よくある白ではなく、なんとシルバー。夫の希望です。限定でスバルカラー(インプレッサのブルー)が出ていたそうですが、一瞬で売り切れたとか。その色のサンバーを見た方、貴重です!

2011.6.8 共同で使うということ

農業をやるにはお金がかかります。肥料や農機具、出荷時の梱包費など、経費はさまざまですが、一番お金がかかるのが、「機械」です。トラクターや田植え機、草かり機・・・以前も書きましたが、いいものを買おうとすると、数百万します。

そこででてくるのが「仲間で共有する」という案です。
傍目から見ると合理的でいい考え方に思えます。
しかし、やはり共同で使うとなると、自分が使いたいとき使えない可能性もあるし、使用頻度が高いため故障しやすいかもしれません。故障のときの責任の問題なども面倒です。

(夫も経験あるようですが、共有、または人から借りたものを壊してしまう、というのは、ほんとに嫌なものだそうです。)

最近の政府の案でも、点在する農家を集約して大規模農家にしていくという方向で進んでいます。
これも確かに傍から見れば合理的に見えます。
しかし、農家になって思うのですが、畑にしろ、機械にしろやはり皆、「自分のもの」が欲しいのではないでしょうか。そして自分のものをもつことは、それに対する「愛着」と「やる気」に絶対つながると思うのです。

現に、大規模集約に反対したところほど農地が残っているという例があるそうです。大事なのはやはり気持ちの問題なのではないでしょうか。

自分の畑を自分の裁量で管理する、これが農家にとって基本で、そして一番の魅力のような気がします。
小さくても「一国一城の主」ということです。


「自分の」トラクター。愛着が違います。
079_512.jpg


機械の修理

農家はトラクターなど農作業用の機械を多く必要とします。

機械の力はすごいもので、ないとやっていけません。

家庭菜園でクワで耕すのとトラクターで耕すのとを比較すると想像できると思います。
同じ作業でもまったく別次元の話です。

しかしながら、酷使するし、野外で使うというのもあってやたらと壊れます。
そしてたいていが中古品(まともに買ったら数百万するものも)なのでどうしても壊れて修理、というのがつきものなのです。

この写真も借りていたトラクターの部品が壊れたので夫が農協に連絡してるところ。
部品が壊れてオーバーヒートしているのに、それを知るメーターも壊れていて気づかないという・・・
torakuta_512.jpg

ほんと、しょっちゅうあります。

やっぱり新品がいいなあ。

そして下の写真はスピードスプレイヤーという消毒などをする機械。
最初見たとき、ちょっとスポーツカーみたいでかっこいい、と思ったけど、ある人が「アンパンマン号みたい」と言っていたのを聞いてから、どうしてもそれに見えます(笑)。

パンの色に塗って前に顔を描けば・・・

こちらはパンク中(泣)

ss_512.jpg

運搬車

これは運搬車です。
収穫したぶどうをかごに入れて、この台に載せて運びます。

りんご農家の知り合いが、ゴルフ場で使われるカートを改造してつくったもの。
器用ですよねえ。

簡単なギアと自転車のブレーキの様なレバーで、女性の私にも簡単に運転できます。
どういう仕組みなのか知りませんが、アイドリングもなく、いきなり発進します。便利~。

unpan_512.jpg

unnpannmoji_512.jpg

仕上がる直前に「色を塗ってもいいよ」と言われたので、夫が色を塗ってました。レンジャーのイメージだそうです・・・。ま、こういうのは気分が大事ですから。
わざわざマスキングまでして・・・。

つくづく思いますが、農業をやっていく上では機械に強くないとダメです。簡単な農機具のメンテナンスなどいちいち修理に出していたら費用がかかって仕方ありません。
あと、このブログでも紹介したビニールハウスの建設など、大工仕事の腕、手先の器用さなども欠かせません。
何でも自分でやれる、やってみるということがかなり重要な気がします。

逆に言えば、器用な人はその実力をどんどん発揮できます。器用な人はいいですね~。

(ちなみに私は機械もダメ、手先も不器用です・・・情けないですが・・・。)

長靴

農作業に欠かせないのが長靴。
長靴さえあれば、畑がどんなに泥んこでもへっちゃら。気になることといえばムレることぐらいです。

長靴も安いの、高いの色々あって、迷います。
安いのを短いサイクルで買い換えるか、ちょっと高くて丈夫なのにするか。本音を言うと後者にしたいんですよねえ。

アウトドア用品のブランドのものなどはやはり丈夫でデザインもかっこいいものが多いのです。
ちょっとしたことですが、それだけで気分よく仕事できたりします。
ただ値段が・・・
この前L.L.Bean の長靴でいいのを見つけましたが、5900円もしたのでやめました。

余談ですが、小さい子供にも長靴は必需品です。長靴を履くこと自体大好きだし、泥んこ、水たまり、うれしそうにずんずん入っていきます。

保育園の園庭など、結構ぬかるんでるので、送り迎え時に私も長靴を履いています。
今まで普通の長靴を使っていたのですが、ガーデニングコーナーに売っていた
ちょっとおしゃれな長靴に替えたら、やっぱりうれしいもんです。
子供みたいにわざと水たまりに入ったりして。

子供用でもアウトドア用のはやはり丈夫。
写真は手前のが子供用で、黄色がコロンビア、青がL.L.Beanのもの(なんとタコの柄)です。

私のおしゃれ長靴は奥の左。そのとなりは夫の仕事用です。



プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘14歳、息子11歳、次女9歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR