2018.6.14  ピーク

複数あるぶどう園のぶどう、それぞれ房が形になってきました。
いよいよ粒抜きをして仕上げます。

それぞれの畑で粒抜きをしなければならないので、この時期から7月にかけては本当に作業が目白押し。一房一房やります。
日が長い夏至の頃ですし、夜明けから日暮れまでみっちり長い時間仕事することができます。。。ずっと畑!

良いぶどうを作るため頑張ります。

IMG_2516_512.jpg
↑一粒一粒チェックして傷つけないよう粒抜きしていきます。ぶどうって本当に手をかけないとあの売っているぶどうにはならないんですよ、私もぶどう農家になるまで知りませんでした。
スポンサーサイト

2018.5.4  梨の受粉

今年も梨は受粉を行いました。

ミツバチも農協から放されているので、ミツバチくんも受粉してくれるのですが、
これだとほぼ確実に受粉でき、また形もよくなります。

ということでポンポンポン、と受粉作業。

良いお天気の日に行うので気持ちがいいです。

IMG_2468_512.jpg

2017.9.7 で、やっぱり

鳥対策。

鳥突っつかれないよう、少しでも対策します。

ネットをかけてます。


2017.4.30 受粉

梨(南水)の受粉作業。はじめてやります。
フワフワの梵天に赤い粉を混ぜた花粉をつけ、花にぽんぽん押し付けるというもの。
こうすると形もよく、確実に受粉できるとのことです。

というわけで、夫とぽんぽん作業。なんとも手応えのない‥‥
おまじないのよう。

こんなのでうまくいくのかな?

2017.3.3 ビニールはり

さて、もう3月です。
暖かくなってきて、焦りますが、色々やることがあります。

今、行っているのが、ぶどうのビニールハウスの張り替え作業、紫外線や風などでどうしても破れるので、数年ごとに替えなければなりません。

これがまあ、面倒な作業なんです。

少しでも風が吹き出すと、ビニールが、バッサバサはためき、効率が悪いことこの上なし。

また、ハウスの骨組みをよじ登ってやるので危険です。

それでも、ぶどうを管理しやすいハウスはやはりやりがいがあるので、こうしてメンテナンスするのです。


ハウス側面を張り替え中


これだけの大きさのビニールだから、重いです。
プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘12歳、息子9歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR