2017.11.23 りんご終了

2017年のりんごは終了いたしました。

今年は収穫量が少ない上、台風などの被害もあって、全体量が少ない状況でした。

りんごは病気に弱く、木の植え替えもしていきますので、今後もしばらくはりんごの収穫量が少ない時期が続くかと思います。
よろしくお願いします。

今シーズンもありがとうございました。


スポンサーサイト

2017.11.10 贈答用りんご受付終了しました。

本日からりんごの収穫を始めました。

が、やはり台風や10月の長雨の影響で、
いいりんごがありません・・・。

台風で落ちたりんごは少なかったのですが、強い風でぶつかった傷や,
長雨により、実の一部が割れたりしています。

被害があるとは思っていましたが、ここまでとは思いませんでした。
贈答用に使えるりんごは本当に少しだけになりそうです。

まだ収穫は続きますが、とりあえず、今お聞きしている分で贈答用の受付は終了させていただきます。
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いします。

ここ数年、毎年りんごに何らかの被害があります。特にふじは、りんごの中でも一番最後に収穫するりんごなので、どうしても気候等の影響を受けやすいのです。温暖化の影響は絶対あると思っています。

がっかりですが、気候に対してはどう言っても仕方がありません。

家庭用はございますが、全体量も少なくなっております。よろしくお願いします。





2017.10.31 りんごの木

最近はりんごの木も大きいものから、小さい仕立てのものに変わってきています。

大きい木だと高さがあるし、作業が大変です。
高い方の花や実は高所作業車を使って作業しなければなりません。

その点小さい木は手が届きやすいし管理が楽です。

りんごの仕上がりが心配でしたが、大きくおいしいりんごができます。よく研究されてます。

IMG_1623_512.jpg

2017.9.24 お祭り

地区ごとに、小さなお宮があり、秋の今頃、お祭りがあります。

加工ぶどうの収穫などで、とっても忙しい時期なのですが‥‥。

それでも、地区の役員として、境内をそうじしたり、のぼりを立てたり、出店をだしたり、色々やりました。

他の地域で、伝統の祭りが守られている、と聞くと、ああ素晴らしいなあと思いますが、当事者になると、面倒くさいと思ってしまいます。

でも伝統ってこんなふうに続いていくものなんでしょうね。


2017.9.7 で、やっぱり

鳥対策。

鳥突っつかれないよう、少しでも対策します。

ネットをかけてます。


プロフィール

kawaguchi

Author:kawaguchi



田舎暮らしに憧れ、2007年に奈良から長野県・松本市に移住してきた5人家族です(娘11歳、息子8歳、次女7歳)。

移住してきて始めたぶどう・りんご園について、信州での暮らしについて綴っています。よろしくお願いします。

川口広平(かわぐちこうへい) 
(このブログは主に妻・恵美が担当しております)

ホームページもご覧ください↓



http://kawaguchinouen.jp/





最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR